スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
出来るようになったこと続々
2015 / 05 / 22 ( Fri )
年長さんになりました。コタローくん。
最近出来るようになった事が多い!

その1:雲梯が最後までいけるようになった。

年長になったばかりの頃・・
「お母さん!できるようになったよ!」
と、報告にきてくれて、1・・2・・渡り程度・・
でも、母は嬉しい。

その2:跳び箱が跳べるようになった。

これ、4月の時点でのコタロー君。

tobi2.jpg

ご覧のように、まだ飛べず。

tobi.jpg

運動が得意ではない、母親の教育的指導。

姉ちゃんの子なんだから仕方がないと弟に諭され
そういうものかもなぁ、と妙に納得し。
ま、家で練習しようがないし、と
すっかり忘れ・・はや1ヶ月。
先生から報告が。
「そういえば、コタロー君!昨日、飛べたんですよ!」

え!!本人からの報告ありませんでしたけど!
飛べたらしい!!

コタローのクラスは、飛べる子ばかり。
その子達のそれはそれは激しい応援の嵐の中で
何度も何度も飛んでは失敗、飛んでは失敗・・・・
そして・・
ついに1回飛べ・・・・!
コツをつかんだらしく、飛べるようになったと。

コタローにその夜聞いてみたら
「飛べたよ〜!皆が応援してくれたからね!
上手な人の飛び方をじーっと見てたんだよ!」
だ、そうで。

いやあ、持つべき物は友達。よかったね。

その3:自転車の補助輪とれましたー!

ストライダーの後、ブレーキの使い方を体得するため
補助輪付きの自転車に乗っていたコタローくん。
5月のある日
「補助輪、とってくれない?」とお父さんに。
次の日、公園の芝生で初乗り・・・成功・・。

えー自転車って、こんなに簡単に乗れたっけ?

ストライダーってすごい・・




これね。

少しずつ、自分の力で成長している5歳。
特に、今年は側にいると成長を実感します。

タケノコダンスの上手な3歳も。

tobi3.jpg

チラフィッシュからストライダーへ昇格。


この3輪車をブイブイ乗り回していたので
あっという間にストライダーに乗れるように。
お兄ちゃんを見てるだけあって、何事もやる気十分。

どんどんどんどん子供は大きくなっています。
変われるって、楽しいな〜。

私も劣化しないように、努力しようっと。。。


スポンサーサイト
23:09:55 | イロイロ5歳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
出会いと別れ
2015 / 05 / 11 ( Mon )
3月、4月は出会いと別れの季節。

仲良くしていたご近所友達も
転勤で引っ越しすることに。

保育園に行く前の時期は、おうちに行き来する程
仲良くなれるお友達がいなかったので
コタローにとっては、初めてとも言える
お友達でした。

コタローも、引っ越しの意味を
ちゃんと理解していて
最後に遊びに来てくれた時
もらったクッキーを

それはそれは・・
大切そうにしており。

deai.jpg

ハートの形は、最後までとって
大事〜に食べておりました。

子供だけじゃなくて
家族ぐるみでお付き合い出来て
大好きな家族だったので
いなくなっちゃうのは
親も同じく・・・
すご〜く寂しかったけど。

離れても、また会える。
という事を知っているのは
私が大人になったからでしょうか。

また会おうね〜
グーグルマップ見て、遊びに行くよ〜!
15:10:05 | イロイロ5歳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
危険意識@5歳
2015 / 04 / 26 ( Sun )
最近、理屈っぽく・・反抗的・・
ややこしやの5歳になってまいりました。
コタローくん。
雑感です。

camera.jpg

親の欲目的に言うと。
我慢も出来るし、助け合い精神も芽生え
そして、相手を思いやるということも
少しずつ出来るようになっているようです。

自分で出来る事も増えて
自信もついてきて・・からの・・・だとは思うのですが。
的を得た反抗に・・・
本気で喧嘩してしまう、30半ば。

大人げないと反省する夜もあれば
いつも本気で相手してくれる大人が好きだった、私は。
と開き直る日も。
あー難しいわー5歳児ー。

さて、そんなコタローくん。
テレビを消そうとした私に
必死で抵抗するので、どうしてか聞くと。

「だって、地下鉄でどう避難したらいいか
わからないじゃないか!避難の仕方が知りたいんだよ!」

・・・・?

世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団
日本屈指!6つの地下施設SP

を見ていて
火災時に多くの利用者がいても
確実に避難できるよう設置された安全対策装置、
停電時の混乱を防ぐ工夫、
さまざまなレベルの水害に備えた何段階もの設備など、
日本の地下に隠された英知の数々を紹介。

(番組HP抜粋)

の紹介が、とても興味深かったらしい。

岡山には、地下鉄ないんですけどね。
避難の仕方かぁ〜。
相変わらず、私の考えの及ばない事いいます。
私の子だけど、私じゃないのね・・・。

へえ〜と、思った夜でした。
08:34:17 | イロイロ5歳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
竹とんぼ
2015 / 03 / 20 ( Fri )
いつの頃だったか・・・
ドラえもんを見て
竹とんぼが欲しくなったコタロー。

母におねだり→段ボールで作る→なんか違う

で、じいじにおねだりしてみることにしたらしい。

さすがです、じいじ!
竹を山取りに行く所からです!

二人で山に行き・・
じいじがのこぎりを使う所を見て
小刀を使う所もじーっと見て

take.jpg

最後はばあばも加わり
出来ました!!!

いやー、懐かしいなー。
竹とんぼ!
19:45:30 | イロイロ5歳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マッキーがすごい
2015 / 02 / 27 ( Fri )
最近、夜に色々することが多くて
寝るのがついつい遅くなりがち。。。
ハッと気がついて10時がくる!!
・・完全に親の都合なのに・・

「今日は遅いから絵本無し!!」

と言ってしまう私は、鬼でしょうか。

そう言って布団に入れたので
少しの後ろめたさから
一昨日の夜は・・・歌を歌ってみたんです。

スマップの「世界に一つだけの花」


これ、OLなりたての頃
新入社員の芸として皆で練習したので
割とハッキリ歌詞を覚えてまして。

これをしっかり歌ってみた所
案外自分が気持ちよくて
完全に最後まで歌ってしまいました。

はっと、気がつくと
シュージは寝ておりましたが
コタローはくるっとこちらを向いて
「いい歌だね」
と、言うではありませんか。

コタローは小さな頃から
お遊戯とか、歌とか好きではなかったので
歌に関する感想が聞けるなんて・・・と
思わず嬉しくなって
もう2曲サービス。

スピッツの「チェリー」
歌詞が抽象的すぎるのか
イメージに結びついていない様子。

岡本真夜の「TOMORROW」
あ!この歌知ってる!と喜ぶが
「最初の曲が一番いいね」と。


そして世界に一つだけの花を
もう2回歌うことになり
なんだか余計に疲れてしまった夜でした。

ei.jpg

翌日「どんなときも」を歌ってみると
「いい歌だね〜」とやっぱり聴くコタロー。
歌詞の意味もなんとなく理解しているようです。

すごい、すごいぞマッキー。

昨日の絵の件(前記事★)といい
5歳になって理屈っぽくなる一方
世界の幅がどんどん広がってる気がします。

そろそろ美術館や、コンサート、ライブなんかも
連れて行ってもおもしろいかもしれない・・。
いいぞいいぞ・・。
06:38:23 | イロイロ5歳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
顔が覚えられないんだ
2015 / 02 / 26 ( Thu )
先日の話なのですが。

コタローが
「あーあ。明日緊張しちゃうな。
自分の絵を描くんだって。緊張しちゃうなー。」

と旦那の周りをウロウロしながら
言うのです。
曖昧な返事を返す旦那。
にコタロー、急に・・

泣き出しました。

喧嘩以外で泣くなんて久々だぞ!
どうしたどうした!!
家族で大慌て。

よく話を聞くと、翌日保育園では
自分の顔を鏡で見て、覚えて
それを絵にするらしいのです。

コタローは鏡で自分を見ても
「自分の顔が覚えられない」
ことが、心配で仕方なかった様子。

ならば・・
提案その1
「写真持ってく?見ながら描く?」
提案その2
「小さい鏡持ってく?見ながら描く?」

言ってみた所、どちらも即座に却下。
自分だけ別の事をするのは嫌らしい。

ほほぅ・・・では。
人間の顔なんて、大して違いは無い!
目と鼻と口の数は一緒だから
隣の人の顔を見て描くのはどう?

旦那も必死にピカソの絵を見せ
鏡と同じじゃなくていいんだ!
コタローの絵を描くんだ!と提案。

そして・・・何かに納得した様子。
顔がぱあっと明るくなり
レゴのおもちゃ人間の顔を見ながら練習。
上手に描けたとご満悦。

genki.jpg

いつもの顔に戻って何より。
06:58:46 | イロイロ5歳 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
字の読めない世界
2015 / 02 / 24 ( Tue )
今年に入って、急激に字を覚えたコタロー。
読みはいつのまにか完璧になっていた。
書きは、「あ」とか難しい字はまだまだ。
「こ」や「と」はスラスラ。
そんなかんじです。

font.jpg

正直・・誰が教えてくれたのか・・。
私?いやいや、そんなつきっきりで毎日とか全然なので。
旦那しかり。
勝手に覚えたとしか思えません。

font2.jpg

いつか読んだ雑誌で、尾木ママのコラム。
「文字を覚えて、読めるようになるという事は
読めない世界を失うということ。」
みたいな記事だったのですが。

街を歩いていると、いたるところに字がありますよね。
看板や、表示もそうですが
ちょっとしたポスターや、宣伝。
そこには、字と共に何かを伝えるための
イラストだったり、注意を促す仕組みがしてあるもの。

字が読めないということは
そこから、色んな情報を読み取ろうとして
一生懸命感じようとする。
それはとても大切なこと。
というような内容でした。

折しも、コタローの読み書きが始まろうとしており・・
保育園で他の男の子ママと
「いつになったら字を読むのだ?」
の話題ばかりだった頃なので。
すごく興味深く読んだ記憶があります。

旦那にその話をすると
「確かに、NYよりも、パリの風景の方が
よく覚えている気がする。」
と言ってたのですが。
そう言われると・・私もそうかも。
英語になると、読もうとしてしまうのかな。

その気で見ると
街でも家でも、デザインの面白さや
造作、色の違い・・
感じられることはたくさんあるなーと
それからすごく思うように。

人が一生懸命考えて作ったものは
何でも見ていて面白い。

字が読めるようになり
至る所で文字を追うようになったコタロー。
成長に喜びを感じると共に
少しの寂しさも覚える、今日この頃です。
06:58:39 | イロイロ5歳 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。